沖縄久米島からの海便り

イーズダイビングより久米島の海の情報をお伝えします!!

生命の神秘

本日の海況
風向 北北東10-14m
波高 2-3m
水温 21℃
気温 14-16℃
スーツ 5mmツーピース+フード
      ドライスーツ
上がってきてからの防寒着は必須です。

今日は昨日より寒くなりました・・・
体感温度はかなり低めです・・・

風も強く、風の陰で潜っているもののうねりが少し入ってきています。

昨日に続いて、ウミウシ、甲殻類が大好きなゲストさんですが、コブシメやヒレナガカンパチ・ツムブリなども出ています。
大物見せようって頑張るとなかなか出ないものの、ノーガードだと突然でるので不思議なものです・・・

なにか身体から出ているのかな・・・なんて思うほどです(笑)

さて今日はまたまた出会ったヨツハイシガニの脱皮とミミズクガニという面白いカニの写真です・・・
時には命を落とすこともあるいう脱皮の瞬間となんだか笑えてしまう出で立ちのミミズクです。
生命の神秘に只々感動です・・・

2015.01.17.カニ脱皮1
2015.01.17.カニ脱皮2
2015.01.17.カニ脱皮3
2015.0117.ミミズク

スポンサーサイト
  1. 2015/01/17(土) 22:20:15|
  2. 甲殻類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

?な生き物・・・







皆さん、ガイドはスーパーでお魚の名前も甲殻類の名前もとにかく海の生物の名前はみーんなわかっていると思っていらっしゃるようだ・・・

確かにそういうガイドさんはいる・・・

いや、ほとんどの方がそうに違いない・・・・

と何をゴチャゴチャといっているかというと・・・
さっきから実は言い訳をしています(笑)

今日の写真は、北側の棚上で取ったカニ?の写真です。
が、正式な名前が良くわからない・・・

○○の仲間じゃない?と言われるが、これは○○だ!!と断定はできない・・

結構良く見る・・・しかし自分の持っている図鑑では見つからない・・

ということで乗っけてみました・・・

まことにお手数ですがご存知の方教えてください!!

それでもガイドか~!!という叱咤激励は覚悟致しております(笑)

本日の海況 中潮
満潮 10:35 22:49 干潮 04:16 16:49 天気 曇り
風向北北東8m 
波高 北東2.5m~4m
気温20度 水温 20度 


  1. 2006/02/02(木) 16:19:56|
  2. 甲殻類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミズタマサンゴ

ミズタマサンゴ


今日のテーマはイソギンチャクモエビかと思いきやミズタマサンゴについてであります・・・
このサンゴこんな風貌にもかかわらず、共肉をもったれっきとしたハードコーラルの仲間である。
また、このミズタマがいくつにも重なった様からバブルコーラルともいわれている。

また、実は色にもいくつかの種類があり、ノーマル、グリーン、ホワイトなんてあるらしい・・・いつぞやペットショップに行ったときには、キャッツアイなんて名前がついているものも見かけた・・。

確かに宝石のキャッツアイ同様猫の目のようなラインが入っていた・・・・

また、この昼間の美しい姿とは裏腹に、夜にはスイーパーという細い触手を伸ばして、数センチ離れた他のサンゴを攻撃するという驚くべき特性がある・・・

ホントに「美しい花にはとげがある」とは
良く言ったものだ・・・

それにしても、この話をするたびに何故かここだけ「うん!うん!」と頷くおば様たちにも、ミズタマサンゴに負けず劣らない驚くべきものがあると毎回脱帽させられる・・・

本日の海況
満潮 9:15 20:26   干潮  2:33 14:42
風向 北         波高  2.5m
天気 曇り        気温  17度
水温 23度        透明度 20m

本日のポイント
中の浜沖東 トリノクチ ムーチーグー東
バブルコーラルシュリンプ・バブルコーラルシュリンプ・マルガザミ・イソバナガニ・ソリハシコモンエビ・ベンテンコモンエビ・クチナガイシヨウジ・ナミスジメダイ・モンスズメダイ・ヒレナガスズメダイ・ルリホシスズメダイ・ムチカラマツエビ・ニシキツバメガイなどなど



  1. 2006/01/02(月) 23:00:00|
  2. 甲殻類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
| ホーム |