沖縄久米島からの海便り

イーズダイビングより久米島の海の情報をお伝えします!!

日焼けの予防について





今日は、まずお客様からの質問に答えたいと思います・・・

「何故、海に毎日のように潜っているのに、そんなに焼けてないんですか?」

この質問をインストラクターになってからも、特に現地でガイドをするようになってからは何百回と聞かれたことか・・・。

初めて会ったお客様のほとんどの方は私をガイドとは思わないらしい・・・。
ロクハンのウエットスーツを着て現れた私を見て

「あんた?潜れるの?」と露骨に苦笑いをされることもしばしばである・・・

特に講習をやっていた愛知では、年配のおじ様方には「おいおい、あんた大丈夫なの?」と
「こんにちは!!今日から講習を・・・」と挨拶しようと瞬間に言われたものだ・・・。

その度に心の中で
「今のうちだけよ、そんなこといえるのは・・・
水の中では私しか頼るものはないんだから・・・ね!!」
と世にも恐ろしいことを考えたりしていたもので(笑)

白いには白いなりに悩みもあります・・・

どうも私はお日様と塩に肌が負けるようで、赤くはれ上がり、湿疹ができるのでお医者様的には、ダイビングは×・・・・

ただ、仕事にした以上やめるわけにもいかないですし、ま、そんなわけでひたすら焼けないように気をつけているというわけです。

で、ご質問ですについてですがこんな感じです・・

:船にあがったらすぐ真水を顔や頭にかけて、塩分をとる
:日焼け止めをこまめにぬる
:サンバイザーやつばの広い防止をかぶる
  ちなみに私はお客様が送ってくれる通販の顔が隠れるやつ使用
:さらに布をかぶる

これをきちんとしていれば、実はそんなに日焼けするものではありません・・・
日に焼けちゃうから・・・といってダビングを敬遠してる方、ぜひお試ししてください。


でも、人間ないものねだりで私は、小麦色に焼けた肌がうらやましかったりしますけど・・・・(笑)

ちなみにスタッフ二人はきらびやかな小麦色・・・

サンバイザーと黒いウエットに包まれて、水着姿で動き回る二人をうらやましげに眺めているのが私です・・・(笑)
スポンサーサイト


  1. 2006/01/14(土) 00:35:31|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<母なる海へ | ホーム | オビテンスもどきの幼魚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://eskume.blog41.fc2.com/tb.php/21-75752eaf
| ホーム |